有痛性外脛骨、シーバー病に対するインソール

こんばんは。

 

今回のブログの更新は早めです。

これくらいのペースを維持できるように頑張ります。

(たぶん無理)

 

前回お話しした東京でのスキルアップ講習会で僕のやる気スイッチがオンになりました。(いつまでつづくのやら)

帰って来て早速、小学校6年生の右が有痛性外外脛骨、左がシーバー病の女の子にインソールを作成しました。

有痛性外脛骨とは、この図の舟状骨の内側の骨が隆起し膨らみそこが痛む症状です。

シーバー病とは、アキレス腱や踵の周辺に痛みが出る症状です。

両方とも成長痛としてシップを貼ったり練習を休んだりといった経過観察がメインで考えられていますが、確かに負傷部位を休めるといった考え方は正しいと思います。ただ、休んだだけでは治らない症状がほとんどです。そういった患者さんが当院にいらっしゃいます。

 

この女の子、年末のマラソン大会と駅伝大会の練習で痛みが出てきたのですが、なかなか痛みがひかないのでお母さんが心配し当院に来院されました。しかもこの女の子、学校の女子でダントツの1位らしいのです。

 

この足の形、状況でこれだけ速かったら、正しいサイズの靴を正しい履き方をして、そんでもって彼女の動きに合わせたインソールを入れれば間違いなくもっとタイムも縮められます。将来が楽しみです。

 

まずは足の計測を行い、フットプリントを取って彼女の適正なサイズを導き出します。彼女はやはり1.5㎝大きな靴を履いていました。まずは靴を適正なサイズにすることから始めます。

 

お母さんに足の状況、なぜ大きな靴がダメなのかを説明し条件の整った新しい靴を買ってきてもらいました。

この条件というのは、また違うブログで書きたいと思います。

 

正しいサイズにすることにより、それだけで痛みがなくなることもよくあります。

その場合はインソールを作らずに治療終了です。

 

でも、そのうち何人かの患者さんは後日インソールを作ってほしいと連絡があります。

それは、痛みが取れなかったのではなく、靴だけでこれだけ変わったのならインソールを入れればもっと健康な足に、もっと競技能力が高くなるのでは?と思い連絡をもらうことがあります。これは本当に施術者冥利に尽きます。

信頼していただいたからこそだと私は思っています。

 

脱線しましたが、今回の彼女の場合は靴を購入後1週間履いてもらったのですが10あった痛みが4くらいまでは軽減しました。しかし歩行時の痛みも少し残っていたので今回はインソールを作成させてもらうことになりました。

 

インソールを作成後歩いてもらうと、4あった痛みが歩行時に関しては0になりました。あとは、院内でも少しジョグはしてもらったのですが今後、運動をしてその後どうなのかを経過観察しながら調整していきたいとおもいます。

 

 

何かお困りのことがあれば24時間いつでも相談してください。

http://kyoto-hikari-seikotsuin.com/contact

可能な限り即日返信いたします。

 

 


  |