東京にスポーツに特化したインソールのスキルアップ勉強会に参加してきました。

こんばんは。

 

またまたおさぼりしてました。

 

先日の2月25.26日と東京へスポーツ、特にバスケットに特化したインソールスキルを学びに行ってきました。

全国各地から、北は岩手、南はなんと沖縄から足のスペシャリストのフットケアトレーナーが30名集まりました。関西からは僕といつもお世話になっている和歌山の畠中先生の二人が参加しました。関西から2人って少ないと思いません?

実はこの日、関西では京都の宇治川マラソンが開催されていて、その宇治川マラソンに足の健康広場というイベントブースを関西のフットケアトレーナーで出店するので手伝ってほしいと頼まれたのですが、どうしてもこの講習会に参加したかったので断ってしまいました(笑)

関西のみなさんごめんなさい。m(__)m

 

そのかわり今回の講習会で得た知識、技術は関西のフットケアトレーナーで共有したいと思っています。

 

この講習を受ける為にはるばる遠いところからフットケアトレーナーが集まるのは、今回ご教授いただける先生はJOC(日本オリンピック委員会)の強化スタッフや今盛り上がっているバスケットボールBリーグのトレーナーをされている素晴らしい先生なのです。

 

オリンピック関係の話や所属チームの話は、とてもおもしろく参考になりましたが、色々とややこしいみたいなのでSNSでは発信しないでと言われちゃいましたので、ここではお話しできないのが残念です。

 

今回の講習会でたくさんのインソールスキルを勉強させていただきましたが、今回はその中でも特に選手や患者さんに対する良い動き、悪い動きの評価のとり方がとても勉強になりました。

少ない時間、狭い限られた場所でどのように評価し、それをどのようにインソールに反映させ、どのように悪い動きを良い動きへと導いていくのか、それが今回の講習で一番勉強になったところです。

自院に持ち帰って患者さん、お客さんに反映させていきたいと思います。

 

今回の東京遠征は前日入りして、畠中先生と土曜日の夜遅くまで仕事の話で盛り上がっていました。(もちろんバカ話も)畠中先生とは年齢が同じでたまたま馬が合うようで、まだ出会って1年半程なんですが、幼馴染のような感覚で接しています。(僕だけかもしれませんが)畠中先生にもっと自分の強みを生かすようにといわれたので、今年は新しいことにチャレンジしたいと思います。と、いいましても新しいというよりは、より自分らしく自分のやりたいことをやっていこうと思います。

 

講習会で金沢の美人女医にもひさしぶりにお会いしました。何時も気にかけていただきお世話になっているのですか、なぜか僕が一生懸命インソールを作っている時に僕の首の後ろに『肉』と落書きされました。この方にはいつも圧倒されています。

 

この様に愉快で素敵な仲間たちに囲まれ楽しい時間は、あっという間に過ぎていくのでした。

 

何かお困りのことがあれば24時間いつでも相談してください。

http://kyoto-hikari-seikotsuin.com/contact

 

可能な限り即日返信いたします。

 

 

 

 

 

 


  |